こちらは「有済はとば庵」の「一文字瓦(いちもんじがわら)」の写真です。

京の町家の軒先を見ると二通りの形に分けられます。軒の端が波状に重なる「一文字瓦」と、取り合いの部分に丸い瓦が取り付けられる「饅頭瓦」です。一文字瓦は瓦の端を切り落としたような形が連なり、町並みに統一感をもたらし端正な印象をあたえます。一文字瓦の厚みは家の裕福さを表し、大きな商家などでは分厚くどっしりとした瓦が使われています。