こちらは「有済はとば庵」の坪庭の写真です。

間口が狭く奥に長い町家には、光や風を通すために庭は欠かせない存在です。部屋の中から庭先を見ると、ポっと明るく、光と影のコントラストが何とも言えない美しさを醸し出します。酷暑と言われる京都の夏、庭にたっぷりの水を打てば涼風を呼び起こし、心地よい風が部屋の中を通り抜けます。見た目の美しさだけではなく、夏の蒸し暑さをもしのぐ先人の知恵をここでも垣間見る事が出来ます。